新型うつ病の患者は褒めて伸ばして治す|うつに終止符を打つ

ダイエットで改善

お腹

うつ病と新型うつ病にはさまざまな症状の違いが見られます。うつ病や新型うつ病の患者には個人差も多く見られるため、どちらの疾患を発症しているのか判断するのは難しいですが、いくつかの特徴を把握しておくことで判断の精度を上げることができます。
うつ病と新型うつ病の違いのひとつに、摂食障害があります。どちらの疾患も摂食障害を引き起こすことがありますが、その症状のあらわれ方に違いがあります。

うつ病患者の多くは、拒食症のような症状があらわれます。うつ病を発症すると何をするにもやる気が起きなくなり、食事をするのも億劫に感じて摂食障害になってしまうのです。うつ病になると、大切になるのは栄養をしっかり取ることですが、拒食症になってしまうと必要な栄養素を補給することもできなくなり、うつ病の治りが遅くなってしまいます。
反対に新型うつ病患者の多くは、過食症のような症状があらわれます。つまり、食べられるだけ食べてしまう、というものです。うつ病における拒食症、新型うつ病における過食症には個人差があり、まったく逆の症状があらわれる患者も存在しますが、多くの新型うつ病は過食症となって肥満になってしまいます。

新型うつ病患者で肥満の症状が出ているようであれば、ダイエットさせることが治療へとつながります。うつ病患者は何かをやろうというエネルギーがない状態なので、無理に何かをさせることはご法度だとされていますが、新型うつ病患者の場合はエネルギーが余っているので無理にでも何かをさせることが有効だとされています。家族が協力してしっかりダイエットさせることで、食事のバランスを整えることができ、必要な栄養素を必要なだけ摂取し、病気の治りを早くすることができます。
また、「できた」という感覚は新型うつ病患者にとってプラスとなります。何キロか痩せることができたら、目標体重へ到達することができたら、しっかり褒めてあげましょう。体重が減っていく喜びもまた、新型うつ病の症状を和らげてくれます。一緒に喜んであげることで、症状が少しずつ改善されていくはずです。