新型うつ病の患者は褒めて伸ばして治す|うつに終止符を打つ

どう対応するか

医者

家族や職場の同僚の性格がいきなり豹変してしまった、というケースはないでしょうか。今までの性格では考えられないような暴言を吐くようになった、何かにつけて周りを責めるようになった、ヒステリックになりやすくなったなどの変化が見られるようであれば、それは性格が悪くなってしまったのではなく、新型うつ病を発症している可能性があります。
うつ病は自分に自信が持てなくなってしまう病気で、患者はどうして自分はこんなにも情けないんだ、どうして自分は生まれてきてしまったんだ、などのように考えて落ち込んでしまいます。そのため感情が内向きになることが多く、周りへの感情表現をほとんどしなくなります。この点、新型うつ病は真逆の症状があらわれることが多く、なぜ周りは自分の辛い気持ちをわかってくれないんだ、という感情が強くなって周りへ当たり散らしてしまうことが増えていきます。ただヒステリックを起こしているだけ、と放置してしまうと症状が悪化していくだけなので、正しく対処することが大切です。

新型うつ病患者の感情が爆発してしまったら、言っている内容に反論してはいけません。少しでも自分の主張が否定されると、新型うつ病患者はさらに冷静さを失ってしまいます。患者が落ち着きを取り戻すまでは、話す内容に反論せず、「そのとおりだね」「あなたの言ってること、わかるよ」などのように気持ちに寄り添ってあげることが大切です。そうすることで、少しずつ攻撃的な性格は収まっていきます。そして、何が不満なのか、どうしてそんなに辛い気持ちになっているのかを根気強く聞いてあげましょう。そうして正直な気持ちを吐き出すことができれば、患者の症状は収まっていくはずです。
またその際、自分の心のケアを行うことも大切です。新型うつ病患者の心に寄り添うといっても、患者の多くは当たり散らしてくるので、本気で付き合っていては自分の心が疲れてしまいます。攻撃的になっているときは、否定はせずに適当にかわし、本気では取り合わないようにしましょう。